住宅ローンの仕組み

住宅ローンとは、その名の通り家を買ったり改築したりするときに金融機関から借りるお金のことです。家の購入は非常に高額となるので、たいていの人は住宅ローンを借りて月々返済していきます。

ローンは金融機関からの借金なので、当然利息がつきます。月々の利息額は、「元金×金利÷12」になります。例えば3000万円のローンを借りて金利が3%だとすると、1回目の返済額は(3000×0.03÷12=)7万5000円になります。2回目以降も元金の残高に応じて利息がかかってきます。30年かけて返済したとすると利息は1553万円となり、総支払額は4553万円になります。 住宅ローンの利息は支払期間が長ければ長いほど膨らみます。返済期間を短くすれば総支払額を抑えることができますが、その分月々の返済額が大きくなるため、家計や仕事の安定性、子供の有無をしっかり把握したうえで判断しましょう。

住宅ローンは新築でも中古マンションでも中古戸建でも土地購入のケースでも、基本的に住宅購入目的であれば利用することができます。しかし物件によってローンの利用条件は少しずつ異なります。例えば中古住宅でローンを組むときは、建物の耐久性が考慮されるので、その分借り入れ期間が短く設定されます。

ローンの手続きの流れは、大まかには「事前審査→本申込→金銭消費貸借契約→融資実行」という流れになります。事前審査でチェックされるポイントは、返済比率・属性・他のローンの状況・物件の担保価値などが挙げられます。

住宅購入の負担を抑えるには、住宅ローンの選び方や仲介手数料が無料の仲介業者で探すなど、細かい部分で注意を払うことが大事です。

~住宅ローン関連サイト~
東京で中古マンションを購入する際に、住宅ローンの選び方や手続きの流れをわかりやすくまとめた情報サイトです ・・・ 中古マンション 東京